Rosa ゆき

2歳の終わりよりクラシックバレエを学ぶ。以後、モダンダンス、ブレイクダンス、ショウダンス等を学ぶ。23歳の時、ジェーン・フォンダのワークアウトと出会い、1年後の83年岡崎聡子率いるジャパンワークアウトのインストラクターを勤めながら、多くのインストラクターを養成する。88年舞踏と出会い、89年から93年まで桂勘&サルタンバンクの全作品に出演する。84年より解剖学、運動生理学、運動処方、栄養学を勉強し操体法ヨーガ、気功、呼吸法、野口体操、整体などを取り入れた、身体を知りつき合う為のワークショップ を始める。89年女性のみの舞踏集団「SUB ROSA」を旗揚げ、以後、ソロ活動を中心に妊娠9カ月での公演も行うなど、エネルギッシュな活動を続けている。数年前の作品は女性をテーマにした作品が多かったが、最近の作品は舞踏独特の混沌とした宇宙観にとどまらず、普遍的な渇きや社会現象をテーマに作品づくりを行っている。
スタジオリール プログラムスケジュールはこちら

身体と時間の軌跡

1時間あまりの公演の中で、強く印象に残る動き――身体の軌跡というものがある。それは決して物語を紡いでいるわけではないが、なんとも名状しがたい強い感情を引き起こす。たとえばRosaゆきが「懐く、そして懐かれて…。」の中で、能楽の大鼓方の河村大を真似るように繰り返していた、鼓を打つような大きな腕の動き(SUB ROSA「Chocolat」2000年9月3日、アトリエ劇研)。大きく弧を描いた腕には、河村と違って打つべき鼓がないから、柔らかく畳まれ、いとおしむようにわが身をかき抱く。
続きはこちら

『2003’1.2. 雪』

Rosaが眠るゴジラのナイトウェアのしっぽで
Rosaが涙を拭いながらおどけてお別れをする仕草
泣き笑い ポッケに入った赤いてぶくろに
指を通すときに感じるこそばゆい感覚
Rosaが眠るゴジラのナイトウェアを脱いで
歩みをしばし止め、壁に頭をあてて数秒想えば Rosa
椅子に上って骨片を撒くように花びらを撒き Rosaとともに
その散骨が、いや散華のいくらかが顔に掛かって少し噎せたりする
Rosa!散華する薔薇と睡蓮
アベマリアの音楽が葬送の葬列リズムを刻んでいる
続きはこちら

前のページに戻る


studio Rire 〒601-8005 京都市南区八条高倉下ル TEL : 075-661-6003
(お問い合わせは京都スポーツクラブイリアスにて承ります)
MAIL : info@studio-rire.com

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |